スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五山の送り火

五山の送り火。
旅立っていった大切な人。遠くに御座すご先祖さまを身近に感じつつ、お送りしました。

京都の盆地の地形を生かして、周りを囲む山々に送り火をたく歴史に深い敬意を抱きました。

140821.jpg
スポンサーサイト

紺のバルキーマフラー

3月23日は夫の誕生日。
季節に合わせたものではないけれど、来年の冬を暖かく過ごしてもらうために、
バルキーマフラーを編みました。
カシミヤ30%、
シルク10%、
ウール60%の毛糸なのでちくちくしません。

このデザインも大好きな三國万里子さんのものです。
この編み模様大好きです。
夫は数学屋なので、こういう幾何学的模様は気に入ってくれるだろうと思って編みました。

140324.jpg

たっっぷりと首に巻いてみましたら、しばらくして「首があったかくて眠くなってきた~」と夫が言います。
良かったね!あったかくてw

140324a.jpg
Miknits ほぼ日 手編みキット ”紺のバルキーマフラー”

ビーズ編みのがま口

140228.jpg
「下田直子クラフト展」に行ってきました。
売店で本も買い、ビーズのがま口に刺激を受け、材料を買いそろえようと考えましたが、
材料を買いに行くと、一個分では済まずに、何個分も買ってしまう悪い癖。

そんな私に、おあつらえ向きのビーズ編みのキットが売ってたので即買い!
色も一種類だけだし。デザインも下田さんではないのに。。。展示会で売ってるって?理解不能。
でもまぁいいか。
この色の組みあわせは派手だけれど、フルーツみたいで好き。
キラキラ光るビーズ編み。なんとなくウキウキします。

しかーしビーズ編み、なかなかきついです。
なんか、非常に肩が凝ります。
細い糸を編むのはやっぱり一番の苦手。
左指にからませた編み糸がすべってゆるんでくるので、丁度いいテンションが保てない!
どうやったら、糸を張れるんだろう。。。

キットの指定だと、模様の部分は長方形ですが、
私は菱形に変更しました。

アランの指だし手袋

新しい年がきました。
今年もよろしくお願いします。

去年は京都に引っ越してきて、あっという間に年末になってしまった感じがします。
記事の更新もぼちぼちとですが。。。スローベースで、マイペースで続けていきます。

三國万里子さんの作品に、いまだはまっています。
お正月から小物を編み始めました。
京都の冬は底冷えするので首にぐるぐるストールを巻いて、赤い手袋をはめて
暖かくして外を歩こうと思います!

140107.jpg
Miknits ほぼ日 手編みキット ”アランの指だし手袋”

モヘアのトリニティカーディガン 2

9か月ぶりのモヘアのトリニティカーディガンの続き編んでいます。
ウールの生地が膝の上にあっても、心地よさを感じる気温になってきましたね。

秋になると、冬支度にセーターを編みたくなるんです。
編み針持って、静かに編んでいるとざわざわした心が落ち着いて、
幸福感に包まれます。

9か月前に、前後の身頃を続けて編んで、脇の下まで編み終わってました。
さあー。両胸と背中上部を編みます!
できたー。
前後の身頃!

・・・・・・・・・・・・・・・・・あれぇ。。。
なんか変、変だわ。
違和感がある。

おわかりになりますか?

131101c.jpg

そうです。
ここです。
ピンクが一段多いのです。。。
前後の身頃をつなげて裾から編んで、脇の下まできて、前身頃後ろ身頃のパーツに分かれて編むときに、
裏から編み始めなくてはいけなかったのに(戻りの段なのでね)
表から編んでいたので、一段多い。

写真ってやっぱりすごいですね。
目で見ても全然わからなかったものも、写真でみると客観視できるってホントですよね。

ブログをやっていなければ、制作途中の写真も撮らないであろうし、
ブログやっていて良かったわ~。
制作の記録だけでなく、間違いチェックの用途もありますね

知らんぷりして、気が付かないふりできるかな?って思ったけど、
これは気になる。やっぱりこのラインだけ赤が強い。
やはり、直そう。

両袖編み終わったらね。

ほどいて直します!
ええ、ほどいて直します~~~~。

頑張れ

131101.jpg

秘蔵・・・シェットランドウールのセーター 

これこれ、秘蔵のセーターです。
このセーターは編みあがってからは、たぶん5年は経過してます。

昔、東京恵比寿の三越にローワンのショップがあったんです。
ローワンの毛糸はお高くて、なかなか手が出せなかったのですが、主人のセーターを編むからと言って、
買ってもらった、シェットランド毛糸。
この毛糸を買ってからは8年くらいかな~?
緑青のくすんだ毛糸の中に、赤茶や、クールな水色が入ってとてもきれいな個性的な色です。

ゲージをとって、主人のサイズを採寸して、店にいた先生に製図を書いてもらったのです。
丸首のシンプルなクルーネックのセーター。

しかし、編みあがったものの、質感が嫌だと言って、全然着てくれない。
残念だけれど、無理強いはできないしね。
仕方がないから、クリーニングに出してタンスに眠らせてました。

131028.jpg

あー、でも、一昨日の夜、ふと思い出したのです。
そろそろ夜になると、寒くなってきたのでこのセーターを思い出したのですねぇ。

「そうだ、お湯通しを忘れてたんだ!!!!」

忘れてた!というかこのセーターを編み上げたときは知らなかった。
最後の仕上げの軽めのフェルト化です。
純石鹸を使って、お湯で撫でるように洗います。

ドライクリーニングの仕上げ剤がついてるかもしれないので、
結構、純石鹸を泡立ててゴシゴシやっちゃいました!

131028a.jpg

できたー。
やっぱり、柔らかくなった。
ボコボコの編地が平たくなった。
けれどもとても軽くて優しい。
良かったです。

あまりに興奮して洗い始めたので、before画像がないのです。
夜だったしね。
変わり方をお見せしたかったですが後の祭りですね。

お蔵入りセーターの復活です。
これなら相方も着てくれるに違いない。
沢山着てくれたら嬉しいです。

着てくれなかったら。。。。。
サイズが大きいので、私、この冬中、部屋着で着ようと思います
それもいいねぇ。

シェットランド糸で編んだセーターを持ってる方は、忘れずに仕上げのフェルト化してくださいね。
売ってあるものでも、フェルト化されてないものが沢山あるらしいです。
目安としては、ボコボコ編地だったらされてませんよ。

追記
調べましたら、ローワン フェルテッドツィードでした。
ただ、素材はメリノウール50%、アルパカ25%、レーヨン25%で
完全なシェットランド糸ではありませんでした。
すみません。でも仕上がりは上々です。

Pagination

Utility

:

sleepyspice

by
sleepyspice
昨年春から京都在住。

.

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。