FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かっぽう着を作りました

前回の記事から、一か月経ちましたが、今回もエプロン続きです。

和服好きの友達から、「かっぽう着が欲しいの。時間があるときでいいから作って~。」
とお願いされていました。
遅くなってごめんね。
作って送ったよ!

小田なつきさんという方のパターンです。
丈が長ーいです。

120625b.jpg

背中の部分も帯に汚れが付きにくいように、ぐるりと覆ってありますが、
帯がチラリと見えるところが、チョット可愛いと思いました。

はっきり写ってませんが、modaの白地にベージュのさくらんぼ模様です。
気に入ってもらえるかな~?
(伝言)・・・是非、着用写真送ってね。

120625a.jpg

「自分でできるきもののお手入れ&お直し」世界文化社
から。
ミシンでつくる、付け帯、裾よけ、ステテコ、やせて見える肌襦袢など
ちょっと面白いものが掲載されています。

私も時々和服を着るので、
また何か縫ってみたいです。
120625.jpg
スポンサーサイト

麻の和服

昨日は、珠算塾の帰りの娘と待ち合わせて
近所の神楽坂を散歩。
ペコちゃん焼きを買い食いして、
坂の途中にある、開店して間もない、古着着物屋さんを覗いてみました。

まだ暑いさなかなので、つい夏物の着物を見てしまいます。
夏物の着物のスペースはほんの少し・・・
白地のこの着物を見つけて、試しに羽織ってみたら、
その冷たくて張りのあるシャリシャリした感触に一発でやられてしまいました。
程よい透け加減も良い感じ~~。
この布地で、夏のふんわりブラウスでもいいし、しわスカートもいいし、
ゆったりとしたワンピースを作るのもいいわ!!!
たいしたソーイングの腕もないのに、夢と想像は大きく膨らみます。

驚いたことに、お値段が2100円!いいんですか?このお値段で。
ほこりが古くなったような強い匂いが鼻を衝くのと、
襟がバチ衿で染みがあり、上前にも染みがあるせいかもしれませんが破格です。
迷わず、お持ち帰り決定です。
100831a.jpg
着物を自分で解くのは初めてですが、2時間はかかりました。
縫い目をみると素人さんが縫ったもののようです。
糸を解きながらも、どんな方が縫った着物なのかと思いを巡らせたりして。
縫い糸は絹糸が使われていました。
麻の着物は、本来、どんな糸で縫うものなのでしょうね?


まずは、洗濯。麻ですから遠慮がいりません。
手洗いで石鹸でジャブジャブと洗ってみました。
洗ってみると薄茶色に水が染まりました。
目で見てもわかりませんでしたが、ずいぶん埃で汚れていたんですね。
二度洗ったら匂いも取れましたし、取れない染みは4カ所ぐらい小豆大くらいのもの。
全体に白くさっぱりとしました。満足満足です。
困ったことに「これなら、和服としても十分着られる。」なんて欲も出てきました。
(着物って合理的に出来ています。解くと全部が四角い布。少しぐらい太ったって痩せたって大丈夫。)
100831d.jpg

どうするかは、これから熟考してみますが、
古い一着の麻の和服に出会えたことで、ずいぶん楽しませてもらっています。
いい買い物でしたわ♪

100831b.jpg

Pagination

Utility

:

sleepyspice

by
sleepyspice
昨年春から京都在住。

.

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。