スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォルドルフ人形

ずいぶんと御無沙汰しておりました。
一か月もブログの更新をしていなかったのでとうとう広告が出てきてしまいました。

今日は、過去作品。
これは、
娘が乳児だった頃に作った人形です。
ふんわりと柔らかく、見た目がとても優しい感じがして、
クレヨンハウスで見かけた時にすぐに気に入って、キットで買ったものです。
101201.jpg
木綿の肌色のニット地を手で縫って、羊毛の原毛を少しづつ詰めて作るのですが、
まだ育児にも慣れてなくて、寝不足のなか少しずつ時間をかけて作ったのを覚えてます。

「歩けるようになったら、抱っこして遊んでくれるかな~」
なんて夢想しながら作ったのですが・・・
夢と現実は全然違って、
娘が一緒に遊ぶのはパンダや、カメや、クマや、ワニなどの動物の縫いぐるみ。
日々、動物たちが(粘土やビーズの)ご馳走に囲まれての大宴会。
この子は完全に無視されていたお人形なんです。

ただ不思議なことに、最近はその存在が気にかかってきたようで、自分の机の上に置いてくれています。
母としてはそっと…嬉しがっているのです。



昨日の娘からのお土産は、桜の葉っぱ4枚でした101201a.jpg
スポンサーサイト

ネコドール 完成

ネコドール誕生しました。
思った通り不思議ネコです。
娘はネコを見るとニヤニヤしてます。相方は目をそらし気味です。
なにか、存在感があります。



・・・・
感想を言わせない、雰囲気が。。。好きです。

20071223b.jpg

(c)*country~mate*

ネコドール 2

ボディに綿を詰めて、手足をつなげました。
ギュウギュウに詰めたのでしっかりした、触り心地です。
洋服を縫って、胸にネコ模様の布を縫いつけます。
チャーミング!
20071220b.jpg

ドロワーズをはかせて。。。
おなかがポンポンなの。
20071220c.jpg

お顔がまだなので、後姿です。
えりあしを見ると、娘が3,4歳の頃を思い出します。
まさにこんな感じで、えりあしが無いんです。
何か、かなり変てこな感じで、面白かったです。
20071220d.jpg

(c)*country~mate*

ネコドール 1

個性的な容貌につい惹かれて*country~mate*さんのネコドールのキットを作っています。

怖いもの知らずで、何にでも手をつけますが、ドールもまだ、初心者。
最初、手足のパターンを2枚ずつしか切りませんでした。
それでは、手足一本ずつしかないでしょ!!!
なかなか、効率的には、作れません。

それから、ポリエステル綿を入れました。しっかり綿を詰めると、書いてあったので、
「手芸用かんし」で頑張って手が(肩もね。。)痛くなるほど入れました。 
途中何回もギュウギュウと押しながらやっていたら、押した部分が、デコボコの団子になってしまいました???
で、綿詰めのやり直し!

綿ひとつ詰めるにも、コツがいるんですよね。
普通に入れていって、最後の最後にギュッと押し込むと段差が出来ないとわかりました。
20071124.jpg
ボディの綿が足りないので、今日は、これでおしまい。

出来上がりは、こんな風です。↓
お顔、うまく描けるかな?それが、チョッピリ心配です。
20071124a.jpg

Pagination

Utility

:

sleepyspice

by
sleepyspice
昨年春から京都在住。

.

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。