スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「西の魔女が死んだ」

娘のいない2日目は、
「西の魔女が死んだ」
を観に行きました。
080729.jpg

この原作は梨木香歩さんで、私も既に読んでいましたが、
映画は、とても原作に忠実に作られていて、ビックリしました。

中学生になったばかりなのに学校に行かなくなった「まい」
おじいちゃん亡き後も、山 の家で1人で住んでいる「おばあちゃん」
おばあちゃんの家で過ごすうちに、おばあちゃんが魔女であると知ったまい。
自分も魔女になりたいと願うまい。まいの魔女修行が始まる。

魔女になるには、特別なことをするのではなく、
早寝早起きをし、食事をしっかりとり、よく運動し、
規則正しい生活をするという単純なこと。
そしてもう1つ「何事も自分で決める」ということだった

その生活の教えを、映像のなかで細やかに描写していきます。
まいに語りかけるおばあちゃんの言葉が、
このうえなく静かに丁寧で、それだけで非日常です。
おばあちゃんが、全てのものに向けるまなざしのやわらかさ温かさ。

そういえば、まいのベットには、キルトと、モチーフつなぎのカバーが掛っていて
可愛らしくてすてきでした。

丁寧な生き方、話し方をしたいと思わせられた映画でした。
スポンサーサイト

QUEEN

我が家の娘は28日から2泊3日のキャンプに行きました!

娘のいない1日目は、
「QUEEN ROCK MONTREAL cine sound ver.」
を観に行きました。
Queenが1981年に行ったカナダ公演の原盤フィルムをデジタルスキャンし、
映像と音声をリマスターしたライブ・ドキュメンタリー。
「映画館でコンサート」と謳っているだけあって、音も臨場感がありました。



実は、私は音はあまり得意ではありません。
家に一人でいるときは、CDもかけないし、テレビもほとんど見ません。
静かな環境にいるほうが、落ち着いて幸福感に満たされます。

目で、色や形や光を見たり、文字を読んだり。
手で布に触れ、糸を操ったり編んだりするのが好きです。
完全に視覚触覚人間です。

相方に、誘われなかったらきっと見ることのなかった映画ですが、
Queenのフレディ・マーキュリーの歌唱力は飛びぬけていますね。
歌を聴いている自分が、どんどんと引き込まれていきました。

彼の作るメロディーの中に、ロックと、オペラと、クラシックが。。。

そして、歌う彼の中に、繊細な少年と、緻密なプロである男性歌手と、
大胆な女王が完全に調和を保って存在しているのを感じました。
こういう方こそ、カリスマというのでしょうね。

どうしても、ひとつ受け入れられなかったのは、衣装です。
これについては、語らないことにしておきます。

             *-*-*-*-*-*

帰宅時間を気にせずに、相方と夕食に行けるのも久しぶりです。

080728a.jpg

1991年カレンダー September-3

夏ですね。
9月のカレンダー。少しずつですが進んでいます。

空をハーフステッチで進めています。
ハーフステッチなので、糸の色が強く出ません。
秋を感じさせてくれる、透明感のある仕上がりになってます。

涼やかな色の糸をステッチしていると
気持ちだけでも、爽やかになります。


c)Handarbejdets Fremme
Kit :1991年カレンダー9月 「Pige i Sommerblæst」
Design :Vibeke Olris
Size :21x21cm
Linen :HF-Linen 10B

娘も夏休みに入って、手作りに集中できる時間は減りましたが。。。
良い夏休みを過ごしたいです。

ビニールコーティングのショルダーバック

バックを作ってほしいと娘に言われて、春に、一緒にお買いものへ。
黒地のビニール生地がご希望のようでしたが、本人も、気に入るものがなく。。
しばらく悩んだ末。
これを!!!選んだんです!エーッツ?これ?これなの?

このビニールコーティングの生地の模様。。。。
ディズニーもどき?

最近は、自分のものは自分で選びたがるので、
仕方なく買ってあげたものの、しばらく放置。
けれども、最近、「まだなの?」としきりに催促されて
重い腰をあげて縫いました。

0807162.jpg

初めて使う、ナイロン100パーセントの糸と、テフロン押え。
おかげで、快適に縫えましたよ。

0807162a.jpg
バックのデザインは娘の話を元にして
1.肩ひもがぐるりとバックに回ってついている。
2.その肩ひもの間が、ポケットになっている。
3.ぺったんこじゃない。(マチつき)

サイズ、形は自分で考えました。
裏の布の部分に、直接、鉛筆で線を引いて、
マチ針も打たずに、手で押さえながら縫って行きます。
0807163.jpg
(好みの柄じゃないので)ちょっと重い気持ちで始めましたが、
いざ、作業を始めると楽しくなっちゃうんですよね。

出来ました!
0807164.jpg
本人も、肩に提げてご満悦。
外ポケットに、ハンカチを入れてみたり、お財布をいれてみたり
いろいろ、やってます(*^_^*)

最敬礼で、「ありがとうございました。」ってお礼言われてしまいました。
0807165.jpg

生地の耳をみたら、
「ⓒDisney本商品は、ウォルト・ディズニー・ジャパン㈱との契約により許諾された著作権を使用して㈱コッカが製造したものです。」って書いてありました。

へぇ~。かなりアレンジされているので、てっきり、なんちゃって。。。。だと勘違いしてしまいました。

0807166.jpg



ガーゼのブランケット

友人に赤ちゃんが生まれて、出産祝いのプレゼントを買ったけれど、
それだけでは、ちょっと物足りない感じがしたので、ブランケットを作りました。
簡単にお名前を刺繍して、
表は、こ~んな可愛いパンダ柄のWガーゼ。(ひとめぼれよ~♪)
裏はベージュのストライプのWガーゼです。
表裏で、4枚のガーゼなので洗濯するたびに、柔らかい手触りになっていくと思います。
赤ちゃんにぴったり。
ループも付けました。

080712a.jpg

同じ月に、別の知人にも赤ちゃんが生まれたんです。
こちらは、ちっちゃいマトリョーシカ柄(*^_^*)
うんうん、こっちも好きです。
080712b.jpg

出来上がりは、こんな感じ。。。
小さいうちは、おむつ替えの時に敷いたり、お昼寝の時にかけたり
ベビーカーで使ったり、
簡単にお洗濯出来て、すぐ乾くブランケットはとても便利でした。

ママたちに、喜んでもらえるといいな。
080712c.jpg

☆おまけ
残ったガーゼで、娘の洗顔タオルもね。
080712d.jpg

ログキャビンのキルト 5

去年の12月からそのままになっていたログキャビンのキルト
周りに半円のふちを、縫いつけています。

080708.jpg
*country~mate*のログキャビンのキルト
size70×90cm


初めてのタペストリーだったので、
プレスキルトの手法を選んでみたのですが、我ながらこれは正解でした。
キルト芯に直接、布を縫い付けていくので、ピーシングとキルティングが同時進行です。
表からは、針目が見えないのであまり、神経質にならずに縫い続けられます。
キルティング初心者にはぴったり!!!

今見てみると
キットの布に、自分の手持ちの布を混ぜてしまって、合ってなかったり(-_-;)、
ログの幅も、揃ってなかったり、
チョット変なところもあるけれど、
それも含めて初タペストリーとして愛着があります。

これが、完成したら。
今度は、オリジナルのタペストリーを作ってみようと計画中です。
オリジナルのキルトなんて。。。楽しみ~♪。。。出来るかしら?

080708b.jpg
明日は、月に1度の
朝9:00からのPTAの会議です。

キルティングの練習が終わりました

キルティングのドイリーが完成しました。
水ですばやく消える布用マーカーで書いたので、水に浸けてみます。
まぁ!浸けたとたんに消えます。楽しい~。便利。

と言って、終わりにしたいところですが。。。。
このペン要注意です。
洗っても薄っすらとですが、色が残っている部分があります。
石鹸でこすってもとれません。
ホワイトキルトで使ったりすると色残りが気になるかもしれないので
使う前に必ず、小さな布でテストしたほうがいいです。


そして、乾かして、出来上がりです。
う~ん。
真中の×から縫い始めたので、そのあたりのラインが一番怪しい雰囲気。
裏まで針が通ってない部分の布が浮いて、ところどころプクッとして,かなり、見た目が悪いです。
針目の大きさよりも、針目をそろえて、裏まで針を通すことが大事なのですね。
今度、縫うときは気をつけてやってみます。

ともあれ、完成

080704a.jpg
「はじめてのパッチワーク「キルティング」」鷲沢玲子&角木綿子
出来上がり27.6cm×37.6cm

娘が、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)にかかり、6月24日から学校を休んでいます。
右耳下、左耳下、右あご下と順々に腫れては引いています。
全身症状は6月30日には直っていますが、あご下の腫れが治まらないので主治医から登校の許可がおりません。
9日間欠席。

追記
いま、写真を見直したら左下の外回りの部分に2cmほどの、キルティングし忘れ発見。
わかりますか?
見ているつもりで、見ていないのね~。縫います。

キルティングの練習-2

キルティングがやっと終わりました。
時間がかかった~

キルティングしていると、針目をよく見ようとして、どんどん手が上に上がってきてしまいます。
変な風に肩が凝ります。
慣れてないせいか、不自然に力が入っているような。。。

キルティングが嫌いにならないためには、
毎日、少しずつ(これが大切かな?。。。)を続けると、
だんだん上手く速く綺麗に縫えるようになるかしら?

あとは、パイピングです。


「はじめてのパッチワーク「キルティング」」鷲沢玲子&角木綿子
出来上がり27.6cm×37.6cm

Pagination

Utility

:

sleepyspice

by
sleepyspice
昨年春から京都在住。

.

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。