スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糸を変えて、もう一枚。

  • 2008/08/27 16:06
  • Category: 刺繍
勢いのあるうちに、
同じコースターをCaron のWildflowersという段染め糸で作ってみました。
いつも素敵にセンスのいいmerumoさんのブログでこの糸を知って買っておいたんです。

大人になっても「新しいもの」ってわくわくしますね。
初めて使う、段染め糸はあまり艶がなくて、
赤い糸と比べると固い感触ですが、
色の変化が美しいです。

この色名はCameoです。
淡いほのかなオレンジ色から、クリームがかったブルーグレーに
変わっていき、まさにカメオを連想します。
このメーカーの段染め糸とても気に入りました。

あと2色試しに買ったのがあるので、今度、自分のを作ろうかな~♪
(この2つは、気に入られて、もうすでに家族のものです。)

ハーダンガーも、布と糸の組み合わせを工夫するとまだまだ面白いものができそうです。

080827.jpg

Wildflowersは、あまりすべらないので、サテンステッチも緩まずにきれいにできました。
織り糸を切る時は、やはり緊張しますが、すこしコツもつかめて来ました。

080827a.jpg

ハーダンガーで織り糸を切る時は、反り刃のはさみを使うと本に書いてあったので、
そろそろ買い換えようと思っていたアイブローシザーズをためしに転用。
ところがびっくり、使い心地抜群!!

これからは、このはさみを刺繍用に使うことに決まりです。

ハーダンガー用はさみを調べてみると、このはさみと酷似してます。
ほとんど同じ。。国産なのできっと、おなじ工場でつくってる。。。と、思いこんでます。

080827b.jpg
Book :「はじめてのハーダンガー刺繍」小野寺美智子 雄鶏社
Fabric :Zweigart Belanna     
Thread :Caron Wildflowers 087 Cameo
Size :9cm×9cm
スポンサーサイト

はじめてのハーダンガー刺繍

先日の旅行先の神戸ではドヰ手芸さんでお買い物。
実物を見ながら買い物できるのは、やっぱりいいですね。つい、長居してしまいました。
とてもきれいに商品がディスプレイされていて、商品への愛情を感じます。

材料もそろったので、初めてのハーダンガー刺繍をしてみます。

はじめに、ストレート・ステッチを刺すのですが、最初から緊張。
この目の数え方が間違えると、
後で、横糸と縦糸を抜く作業ができなくなります。
私は、クロスステッチでもよく目数を間違えますので、
慎重に、間違えないように。。。

080825.jpg

ステッチは全部で3種類です。
糸はするすると滑る感触で扱いやすいです。
糸を引きすぎて、縫い縮んでしまわないように気を付けて。

080825b.jpg

出来上がりました。
予想より短時間で作ることが出来ました。
サテンステッチの糸の引きがゆるかったですね。
糸の引き加減は、経験を重ねないとわからないです。
でも、はじめてにしては、まあまあかな~?

仕上がりは、ちょっと大人の感じです。
小さなプレゼントにしたら、いい感じだと思います。

080825c.jpg
Book :「はじめてのハーダンガー刺繍」小野寺美智子 雄鶏社
Fabric :Zweigart Belanna     
Thread :DMC CottonPerle 8番
Size :9cm×9cm

表参道へ

昨日の記事のついでに、
表参道のヤマナシヘムスロイド(山梨幹子さんのショップ)の
ホームページを見てみたら。。。貴重な本を、またまた発見です。
今度は、2003年のフレメカレンダー。

080820.jpg

何処にも売ってなかったのに何故?
過去のフレメの本は出会った時に買っておかないと、
また、いつ出会えるかわかりません。
まずは、とり置きの依頼の電話をしてから、
今日は、娘と表参道へ出発。

080820a.jpg

これは、8月のページです。
Ellen Marie Rodilさんのデザイン。
この方の作品は水彩画からデザインを起こすようで、
とても柔らかい線と、繊細な色づかいが特徴だと思うのですが、
いざ、ステッチするとなると、色飛びが多くて根気がいります。

しばらくは、本棚で熟成させておきます(*^_^*)

「北欧の手づくり手帖」

香川県の直島から、神戸に行きました。
そして、神戸の古本屋にありました。

「北欧の手づくり手帖 別冊暮らしの手帖 2002年版」
デザイン・監修 山梨幹子

内容は、花糸を使った刺繍で、クッション、ベットカバー、ランプシェード、
テーブルクロス、ポットカバーなどを彩ります。
全て、暮らしの中で使えるものばかりです。

なんてラッキーなんでしょう。
自分の手元に来てくれるなんて。。。
欲しかった古本に出会えるのは格別に嬉しいです。
それも旅先で。。。
(それも定価の半額!オークションなどの価格と比べると
考えられません!感動感謝。)

080819.jpg

出会えた記念に、
「101のバラのタペストリー」
始めようと思います。
色鉛筆や、刺繍糸の色見本を眺めているのが好きなので
これは楽しいと思います。今からワクワクです。

080819b.jpg

秋が来る前に、ポットカバーも作ろうかしら。

香川県 直島

香川県の直島 に行ってきました。
瀬戸内海に浮かぶとても個性的な島です。

080807.jpg

安藤忠雄氏の設計によるベネッセハウスに泊まりました。
一日目は、「MUSEUM」と呼ばれる宿泊棟。
美術館のなかにあるホテルです。

080807a.jpg

現代美術があるこんな空間の中に、

080807b.jpg

レストランがあったり、
部屋があったり、
日常から離れて過ごすには、ぴったりのホテルでした。
部屋にテレビがないのもとてもいいです。

080807c.jpg

2日目は、、「MUSEUM」から小さなモノレールにのって山のてっぺんにある「OVAL」へ。。。
濃い水色の部分が、部屋のドアです。
全部で6室。「O(オー)」の形に作られた建物。
真ん中には、O型の水盤があり水があふれ流れ出ています。
屋根の上に登ることができて、360度周りを見渡せます。

080807d.jpg

「よく生きる」とは何かを考える場所をつくりたい。
という思いで島づくりをしているそうです。

アートが町のあちらこちらに点在していますが、
作品も増えているので、これからどのように変貌していくのかも楽しみな島です。

1991年カレンダー September-4

ゆっくりと進んでいます。
集中してステッチしたいな。

今日は、広ーい空から始めてたけれど、気分を変えてみたくて。

ちょっとだけ、女の子のプチポアンところを。。。
両手と、薄紫のセーターをステッチしていました。
そで口の濃い紫はいいのですが、その上下に白いライン。
それが、厳しかったです。
見えますか?
なにしろ、白に白のプチポアン。すごーく見えにくいんです。。

とても細かくて、糸を引く時、密に通っているのが手の感触でわかります。

080806a.jpg
c)Handarbejdets Fremme
Kit :1991年カレンダー9月 「Pige i Sommerblæst」
Design :Vibeke Olris
Size :21x21cm
Linen :HF-Linen 10B

それと、
明日から、12日まで旅行します。
皆様も、良い夏休みをお過ごしくださいませ。

梅の土用干し

まあ!大変!
梅干しは土用(7月20日)頃に、干さなくてはならないのに忘れてました。

かぶせた紙袋と、ラップを外すと、
重しに、どっかりと、圧されてます。


カビが生えてなくて、ホッ、とひと安心。

6月27日に塩漬けした梅が、こんな風に変身。
梅酢もこんなに上がってます。

080804a.jpg

日に当たるベランダに、大きなざるを用意して、
皮が破けないように、ひとつづつ丁寧に並べます。
1日1回裏返しながら、3日3晩、そのまま干します。

080804b.jpg

よく見てみると、それぞれの表情が違ってて。。。
なんだか、可愛らしいな~。

080804c.jpg

足元を見ると、
ザルの影が、レース生地のように美しいです。

080804d.jpg

そういえば、傷があって漬けられなかった梅で、ジャムを作ったのですが、
それが、とてもとても美味しくて、来年は梅ジャムもたくさん作ろうと思ってます。

ブライスの夏服

今日も一日暑かったですね。

080803d.jpg
このブライス人形は、うちに来た時からスキーウエアを着ています。
そのままにしていたら。。。
案の定。
娘が「涼しい服を縫ってあげて。」と言い出しました。

ごめんね。そうだよね。
というわけで、カシュクールワンピースを作りました。
あ~涼しそう。
080803a.jpg
袖口と裾にリボンを縫い付けて
胸元に花の飾りをつけ
小さい割に、出来上がるまで時間がかかりました。
人形の服作りも、凝りだしたらはまりそうな予感がします。

しかし。。。何を作っていても、布を触っているだけで幸せを感じる私。
つくづく布好きです。

080803b.jpg

Pagination

Utility

:

sleepyspice

by
sleepyspice
昨年春から京都在住。

.

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。