スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな雨の日は・・・

  • 2009/02/27 18:23
  • Category: 刺繍
090227.jpg

こんな寒い雨の日は、
ゆっくりとゆったりと針仕事ができます。

大塚あや子「白糸刺しゅう」から
ラスキンレースのシザーキーパーを作りました。
難しくて、針目がそろっていません。
(練習なしだとこんなものか。。。)

シザーキーパーって、はさみが見つけやすいようにつけるものなのでしょうが、
こんなに大きいものなのかしら?・・・(指定通りの布目で6cm四方のサイズです。)

違和感あるので、これはピンクッションに変更して、
別のシザーキーパー作成中。
スポンサーサイト

"Insectes" (昆虫たち)の箱

出来ました!!

"Insectes" (昆虫たち)の箱。
刺繍したものが立体に変わって、日常に使えるようになったのが、とても嬉しいです。

刺繍しているときも楽しかったけれど、カルトナージュはすごく面白い。
厚紙とカッターとボンドで色々なものが作れるのは、
箱好きの私にはたまらなく魅力的です。
それに、刺繍とカルトナージュの相性はとてもいいと再認識。

自分の箱が欲しくなったので、今度作ろうと思います。

090223.jpg
Chart : "Insectes" (昆虫たち)
Design : Marie-Therese Saint-Aubin
サイズ 約20x15x5cm

内ぶたにイニシャルを入れて、相方にプレゼントしました。
「こんな箱は売ってないよね~。ありがとう。」ってとても喜んでもらえました。
よかったです。

090223a.jpg

イニシャルの刺繍。
文字の太いところと細いところのメリハリの付けかた、地刺しの仕方、
刺繍糸をきれいに揃える巻き方。難しかったです。
もっと練習しよう。。。

090223c.jpg


February "Shrovetide"

  • 2009/02/17 20:37
  • Category: Fremme
2月のマンスリーステッチをしていました。

1月と同じく、背景の建物のステッチに時間がかかります。
市松模様の屋根、オリーブグリーンのドア。連なる窓。
何の建物かしら?
090217.jpg
Book :"Cross Stitch Diary 1962"by Danish Handcraft Guild
Design :Gerda Bengtsson
Linen :HF-Linen 12B      
Thread :Danish Flower Thread(HF)

屋根は
96 Fresh Brick Red (鮮明な赤煉瓦色)
113 Dull Brick Red (鈍い赤煉瓦色)
色名通り、煉瓦作りの屋根ですね。

あら?フレメ糸に、色名があったかしら???
覚えがないわ。。。
最近の手持ちのチャートを調べてみたら、糸番号の表示だけです。
昔は、色名がついていたのでしょうね。
そのほうが、イメージが湧いて楽しいのに。。

1人目のお嬢さんは、ガングロ卵ちゃん?
090217a.jpg

「刺しゅう図案帖」

  • 2009/02/10 19:24
  • Category:
090210.jpg
Atelier Jeu de Filsの主宰、高橋亜紀さんが初めての本を出版されました。

亜紀さんが選んだ美しい配色の刺繍糸で
19世紀フランスの手芸新聞の図案たちが彩られ、
生き生きと活かされています。
白黒印刷の一見地味に見える図案がこんなに素敵になるなんて!
選色と刺繍のセンスの良さには、いつもながら驚きます。

内容は、刺繍+お仕立て+カルトナージュなどアイデア満載で、
大人っぽさのなかにも、可愛らしさがある本です。

手芸新聞を見せていただいて感じたことですが、
昔からある図案や資料を保存して、生かしていくことはとても大切ですね。
日本の図案などは、国会図書館などにきちんと保管されているのでしょうか?

また、本や、建物、布、食器、家具、家電などの古いものを、
修理する技術ももっと向上すればいいのに。。。
最近は、何かを修理しようとすると「買ったほうが安いですよ。」と言われる場面が多いです。
きっと、ここ何十年で消えてしまった技術もあると思います。
直して使いたいと思う人が減ってしまえば、技術も消えていくということですね。
処分したものと一緒に、とても大切なものまで手放してしまっているような気がします。
もったいない。

サブタイトルの「暮らしの中のアンティーク」
いま一度、考えてみたい言葉です。

サンプラー 3

  • 2009/02/05 17:51
  • Category: 刺繍
気ままに、計画性のないままサンプラーを作っています。
これが面白くて面白くて。。。
白糸のステッチを覚えながら、進めています。


Size :150cm×27cm
Fabric : Linen (18目/cm 45ctぐらい・・)

糸を抜いて、まわりをヘムステッチでかがり、両端はボタンホールステッチで始末してます。

「Antique hemstitch with crossed band」
↘右側の細い幅のステッチの名前です。糸束を交差させて作ります。

「Four-petals flowers」
4枚の花びらのステッチ。↓左の幅の広いバンドです。
まだひとつ目の花の途中ですが、糸の引きがゆるすぎました。
もう少し、花びららしく見えるように強めに引いてみようと思います。

090205a.jpg

小さな小さな可愛らしいクロスステッチを、バンドに沿って入れてみました。
繊細な感じがとても気に入っています。
090205b.jpg

ビーズのmixパック

友人のponさんに誘われて、
東京ドームの「テーブルウェア・フェスティバル」に行ってきました。
器やテーブルコーディネートの催しです。
器はじっくり見だすと欲しくなるので、目の保養だけにして。。。

そのなかに、ビーズ刺繍の田川啓二さんのお店がありました。
キルト展などでも出店されていましたが、いつも素通り。
今回はちょっと気が向いて覗いてみました。

あ~っ。。。
引っかかっちゃいました。
そうなんです。
完成品にはあまり興味がないのですが、私、材料にすごく弱いんです。
それも、こういうmixものに。。。

「ピンクッションにも使えるし、刺繍と合わせても素敵だわ。
ウールにも合うし、コサージュに縫いつけてもいいわね。
このmixされた色加減が素晴らしくキレイ。。」

紫、ブルーと少しの赤。
090203.jpg

グリーンと薄紫とコッパー。
090203a.jpg

そんなわけで
ジップ付きのビニールに平均40グラム入って840円×5袋のお買い物。ニッコリ。(安い)
店の人が「1袋に3000円以上の中身が入っているので、お買い得ですよ~」と言ってました。

帰宅してからは、
「こんなビーズも入っているんだ。。。これとこれを合わせるときれい。」
などど遊んでいます。

かくして、部屋が手作りの材料で一杯になっていく訳です。

ピンクッションのいただきもの

  • 2009/02/01 23:48
  • Category: Fremme
先週は、とても嬉しい出来事がありました。

いつも素敵な作品で楽しませて頂いているyukamikamamaさんから

思いもかけずこんなに可愛いピンクッションが届いたのです。

まぁ。なんて可愛らしい子ウサギとひよこちゃん。。。

090202.jpg

裏の忘れな草の可憐さも魅力的です。

090202a.jpg

ありがとうございます。
目に入る度に、幸せな気持ちになりますので、
もったいながらずに大事に使わせて頂きます。
感激!

Pagination

Utility

:

sleepyspice

by
sleepyspice
昨年春から京都在住。

.

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。