スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ciel nuageux

何やら、もう29日になってしまいました。
時間がないわけではなかったのですが、
しなければならない事柄があって、気持が手仕事に向かいませんでした。

きのうは、時間も気分にも余裕があったので、新しいものに着手。
”Ciel nuageux”
「曇り空」という意味のようです。

強風で、今にも傘も飛ばされそうですし、髪とスカートも強く煽られています。
これは「曇り」???
どう見ても嵐だわ。

あとから文(詩?)も入るので
そのへんの謎も解明されるかも知れませんが、
残念ながらフランス語がわかりません。
100329.jpg
Chart: ”Ciel nuageux” by L'atelier du pic vert
Fabric: 32ct Linens 
Thread: DMC(1strand)
Stitch count : H102×W89


肩も、眼も疲れることがわかっているのに、
懲りずに、またまた1over1のクロスステッチです。

クロスステッチは小さくて、細かいものが好みです。
愛らしい感じがしますから。
これは、針の長さのなかに、傘と女の子がすっぽりと入ります
スポンサーサイト

シュバルム刺繍-4

Star Crossed Heavens Stitch
夜空にきらめく星々。

4本の織糸のうち、3本を七宝かがりでかがっていくと、
最後に、井桁の模様が残ります。
繊細な美しいステッチです。
100313b.jpg
Fabric: 12目 Zweigart Belfast Linen Antique White
Thread: DMC Blanc(コットンアブローダー16番)


Wrapped Rosette Stitch
中央の穴の大きさが、まちまちです…
これは、難しい。
100313a.jpg

Wing Stitch
翼模様のステッチ。
プックリとふくらんでキュートなかがりです。
9回ずつ糸を巻くのに、巻きが足りないところが何カ所も!
100313.jpg
シュバルム刺繍は、繊細でクラシックな乙女な感じが素敵ですが、
針の運びが、どうも私とは相性が悪いようで何度も間違えます。
やり直しが多くて、アブローダー糸の艶が無くなるほどです。

「忍耐」という言葉が、頭に浮かびます。

京都

先週の話ですが、
木曜から京都に出張にいった相方の誘いで、
週末だけ京都に行ってきました。

駆け足での、小旅行でしたが、(めずらしく)事前調査していったので、
行きたいところに、効率よくまわることが出来ました。

京都は古いのに、美しく手をかけている町ですね。
住む人の町への愛情を感じられます。
静かな街並みを歩いていると心が落ち着きます。
こんどは、ゆっくり散策したいです。


みすや針さんでも買い物をしました。
400年続いた店で、いまは18代目になるそうです。
東京とは商いの時間の単位が違いますね。
買い物の途中で、
「刺青用の針が欲しいのですが、ありますか?」と言うお客さんが来ました。
「~針(忘れました。)ならば。はい、ございます。」と即答。
そんな針も扱いがあるのですね。
さすが、針の専門店です。

月に一回教えて下さる方がいるので、自分用の長襦袢をゆったりと制作中です。
そのための針を買いました。
おしゃべり会のようなお集まりなので、いつ着ることが出来るのやら。。。

Pagination

Utility

:

sleepyspice

by
sleepyspice
昨年春から京都在住。

.

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。