スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそろいのジャケット

120130b.jpg
前回のスカートとお揃いにできる千鳥格子の布です。
「ツーピースを作ろう」と思い一緒に買ったものです。
これは、ジャケットの背の部分。

2枚合わせて裁断してしまい、模様がずれてます。
---教訓その1
「規則的模様のあるものは、柄合わせに気を付けて一枚ずつ裁断すること」
きっと、前身頃の模様もずれてる。(泣)

裏地付きのものは、今までスカート2枚、襟なしのジャケット1枚作りました。
これは、テーラードではないけれど襟付き。
もう、まさに試行錯誤。
苦戦を表すような状態のテーブルの上の散乱。

120130a.jpg
今日は、ミシン周りの乱雑状態を

120130.jpg

UP。
夕方になったらすべて片付けて、また縫うときに出す。これが意外と面倒です。

布や糸の収納場所や、
ミシンが置きっぱなしにできる作業台が欲しいと思うのは、
ソーイングや、キルト、刺繍をやる人の夢ですよね
スポンサーサイト

ウールのセミタイトスカート

120113.jpg
昨年末に友人と日暮里に行ってきました。
布を眺めているだけで楽しい私ですから、日暮里はいつ行ってもワクワクします。
子どもの時から布が大好きで欲しくて仕方なかった思いを、
今、遂げているような・・・
好きなものって変わらないものですね。

この生地は「長門商店」のワゴンにて入手。
(長門商店はウール地が充実しているので見応えがあります。
裏地もそろっていて便利、おすすめですよ。)

チャコールグレーとオリーブグリーンのツイード地。
ところどころにトルコブルーと、茶色の糸が混ざっていてきれいです。
幅149cm 長さ1m
毛54%絹36%ナイロン9%ポリウレタン1%
これで1枚525円!
幻ではありません。このお値段なら洋裁初心者でも恐れずに使えます。

120113b.jpg

いままでは、実物大型紙を使って服を作っていましたが、
自分サイズのスカートが欲しかったので、採寸して型紙をおこしてみました。

120113d.jpg
裏地もつけたし、コンシールファスナーもつけました。
あとは、ウエストをパイピングするだけ。

120113c.jpg
ダーッと縫って、

120113a.jpg
出来ました!
自分サイズのスカート、やっぱりピッタリのはき心地で嬉しいです。
着用した画像はありませんが、お許しを。

自分サイズの型紙から作る。というテーマの、
「オーダーメードスカート」水野佳子の本を参考に作りました。
普通の洋裁本に書かれている説明よりもていねいです。

ただ、
「縫い代つきのパターンを作ることから始めます」と謳っているのに、
「用意するパターン」の型紙の書き方に、ウエストの縫い代が抜けている。
ウエストベルトの型紙の書き方がスカートによって違う。

など型紙のミスが多かったので、困りました。

新年

新年が明けました。

何というか…
そのまま単純に「おめでとうございます」ではない気分です。

本年はどんな年になるのでしょうかね。
去年の3.11から環境や、食べ物など沢山のことが
今までとは大きく変わりました。
そんなことで、本来の自分のペースではなかった2011年でした。

120106.jpg

昨年中、ずっーと悩み続けていたことを解決すべく、
今年は一歩足を踏み出して、行動してみよう。

あまり更新も頻繁でないこのブログですが、細々とは続けていくつもりでおります。
気が向いたら、のぞきに来てくださいね。

120106a.jpg

赤いヘキサゴンをペーパーピーシングでつなげたもの。赤は好きだな~。
何になるかは全然考えず、ただ、赤をつないだ状態が見たかったの。

Pagination

Utility

:

sleepyspice

by
sleepyspice
昨年春から京都在住。

.

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。