スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわさきちひろさんのワンピース

上高地、松本、安曇野に旅行してきました。
「安曇野ちひろ美術館」ですっきりときれいなワンピースを拝見。
(ガラス越し画像で見にくくでごめんなさい。)
120826.jpg

白地に青の花柄。
青の色に品格があり、静やかなのに華やかです。

120826a.jpg

ちひろさんは、若いころ洋裁も学ばれているのでご自分で縫われたのでしょう。
(たぶん…)
襟ぐりのカーブや、胸元のあえて揃えていないタックがとても良くお似合いです。

120826b.jpg

いま「いわさちひろ」さんを検索したら、
彼女の映画が上映中なのですね。知りませんでした。
「貴重な証言で綴るドキュメンタリー映画」だそうです。
『いわさきちひろ 〜27歳の旅立ち〜』予告編
スポンサーサイト

夏のブラウス

去年の11月に作った「文化式原型成人女子用」を使ってブラウスを作ってみました。

初めてなので、なるべく悩まないで作れそうな製図を探しました。
「ミセスのスタイルブック 2012年初夏号」
海外竜也さんデザイン

このパターンは襟ぐりがとてもきれいなカーブで、
ギャザーなのにちっとも子供っぽさを感じさせません。
チョットした、パターンの違いで仕上がりの雰囲気が変わることを実感しました。

ふわりと着られるオーバーブラウスなので、湿度の高い夏日でも涼しいです。
秋口には、きれいな色のカーディガンと合わせて着るといいかな。

120812e.jpg

原型の使い方は、

厚紙で作っておいた原型を製図用紙に写す。

「原型操作」

作るものの「製図」を書く。

何しろ、初めてのことですからずいぶんと悩みました。
「ミセスのスタイルブック」の過去の製図記事を読みあさり勉強しました。
製図のことが詳しく書いてある本は少ないので、助かります。

簡単ではありませんでしたが、あれこれと考えながら、物を作るのは大好きなので、
出来上がった喜びは格別です。
そして、自分に合わせた服ですから、肩幅がピッタリでこれがやけに嬉しい。

ウエストやヒップが体に合っている秋のワンピースなんかいいな~。
そのうち、作ろうっと。

120812d.jpg
(メモ)着丈と袖丈が長い。面倒でも丈は着てから決める。襟ぐりのギャザーをもう少し縮める。

二重の虹

義父母と、小学2年生の甥、相方、娘と福井県に旅行してきました。
その帰路、米原から名古屋に向かう電車の窓から、
虹を発見!
なんと、二重の虹です。
生まれて初めて見ることができた、ダブルレインボウ。

虹が出ていたのはほんの短い時間で、1,2分くらいだったと思う。
今までに、自然の虹を見たことはなかったのです。
想像していたよりも、大きな弧、鮮やかな色彩。

思いがけない自然からの贈り物に息をのみ、感動しました。

120806.jpg


群青色のワンピース

子どもの頃に使っていたクレヨンの色を覚えていますか?

私が特別な感じを受けた色は「ぐんじょういろ」でした。
好きな色なのに、使いにくくてなかなか減らなかった色。

群青色は夏の夜空のいろ。
そんな色の生地を見つけたので、ワンピースを作りました。

120801 (2)
暮しの手帖別冊 「季節の手芸」夢のワンピース


「ビリジアン」っていう色の、素敵な緑も大好きだった。
「はだいろ」「ももいろ」も、違う呼び名になったのだっけ?

120801a (2)

Pagination

Utility

:

sleepyspice

by
sleepyspice
昨年春から京都在住。

.

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。