スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lucie Rie 展

ルーシー・リー展に行ってきました。

「ルーシー・リーの陶磁器たち」という本が好きで家では時々眺めていました。
集中してろくろに向かう彼女の姿や、焼きあがった器。
それらを見ると浮かんでくる「静謐」という言葉。
本物を見てみると、静かに美しいのはもちろんのこと、
男性的でクールなニュアンスも感じられました。

器のかたち、釉薬の配合などが書かれている制作ノートもあり、
作陶する方だったら同じ釉薬の配合で、きっと焼いてみたくなるに違いありません。
作陶中のルーシー・リーの姿を収めたビデオも観られて満足。

「一心になって作る。」
そういう世界が自分とっての究極の憧れなんだと
この展覧会に行って気付きました。

100617.jpg

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://sleepyspice.blog123.fc2.com/tb.php/240-1d125972

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

:

sleepyspice

by
sleepyspice
昨年春から京都在住。

.

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。