スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆかた

お暑うございます。
梅雨の時期は、湿度のせいか体が重く感じますね。

昨年の卒業生のお母様に和裁士の方がいらして、
その方から和裁を教えて頂くサークルがあり、
お誘いを受けて去年の秋から和裁を習っていました。
(PTAの役員のお仕事は気が重いものですが、私には素敵な御縁が多かったのです。)

初めての和裁。
娘のゆかたを縫っています。
冬にゆかた地を探したので、なかなか売っているところがなく、
今は無くなってしまったキンカ堂で買った反物です。

藍地に華やかな色が入った柄とか、赤い金魚の柄などを探したのですが、
そういう柄は昔に流行ったものらしく…ありませんでした。
妥協して買ったものなのですが、ここまで縫ってみると
まだ、9歳児だしこれくらい派手で明るくていいかな?
なんて、思ってます。

身頃は縫い終わり、衿付けをしています。
100705.jpg

あとは袖を付けて、
肩揚げ、腰揚げをして出来上がります。

手作りの贈り物って、
相手のことを思って作っている自分が、一番幸せを感じているんですよね。
改めて、ありがたいことだと思います。
100705a.jpg
母が残していった着物の裄を自分で伸ばして、いつか着ようと思ってます。
単衣の着物くらいも、スイスイ縫えるようになりたいな。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://sleepyspice.blog123.fc2.com/tb.php/242-9daa2854

Comment

sleepyspice

kakoさん
赤いおべべを可愛く着られるのも今のうちですよね。
嬉しいことに、出来上がりをずいぶんと楽しみに待っていてくれてます。
そう…普通、高校の頃って浴衣を作りますよね。
でも、学校で縫ったことが無いんです?
高校で家庭科を習った覚えもなくて…
記憶喪失?

kako

可愛らしいピンクの浴衣地、私も低学年のお嬢ちゃんには
きっとお似合いだと思います。
いいですね、お母さんお手製の浴衣!こんな贅沢はないと
思います。
高校の頃、授業で浴衣を作ったことを思い出しました。あの
頃は嫌々だったけれど、今なら楽しく作れそう…!
  • URL
  • 2010/07/07 17:58
  • Edit

sleepyspice

totiさん
totiさんに可愛いっていってもらえると、なんか安心します。
子ども用のゆかた地の色は、目に痛いような強烈なものが多くて、
選ぶのにホント困りました。
和裁用の待ち針も手芸店の片隅に少しだけ…。
和裁人口も減っているのでしょうね。

toti

かわいい浴衣地^^ゆかたの柄も様変わりしてるんですね。
袖の丸みのとことか、さすがsleepyspiceさんって感じの出来映えですね。
待ち針も和風で懐かしい。
  • URL
  • 2010/07/06 12:25

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

:

sleepyspice

by
sleepyspice
昨年春から京都在住。

.

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。