スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルトナージュで作る小さなお裁縫箱

Atelier Jeu de Filsで行われた、
Sophie Delabordeさんのワークショップに参加しました。

何とも可愛らしくて、優しい箱になりました。
大人が持っていても違和感のないキレイな水色です。

布や刺繍糸の素材の状態の時と、
作品になったときの色が変化してみえるのはどうしてでしょうね?

この作品も、仕上がってからのほうがずっと素晴らしいです。
「素材を生かす」のも作家の実力なのですね。
 
自分で作ると、「こんなはずじゃなかった…」ものも幾多ありますから。101101.jpg
「L'atelier de la Brodeuse 」
Sophie Delaborde & Sylvie Castellano著
Mango社


Sophieさんは、
キュートな表情で、歌うようにお話しされ、
手早く(!)迷いなく手を動かされてました。

日々の作品の創作でご多忙に違いないのに、
柔らかく優雅で、知的でエレガントな方でした。

101101a.jpg

持ち手のリングと一緒に、うさぎのチャームも
通しました。
101101b.jpg


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://sleepyspice.blog123.fc2.com/tb.php/256-f25fb487

Comment

sleepyspice

sAtさん
自発的には選ばない色なんですが…
いい色との出会いでした。

今も目の届くところにありますが、
この箱からカラーセラピー受けてる感じよ。
…優しくなれるかな?

sAt

とってもステキです。
大人が持っていても、というよりも
大人の水色という感じがしました。
こんな素敵な作品達に囲まれて生活をしていたら
優しい気持ちになれますね。
  • URL
  • 2010/11/04 11:15

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

:

sleepyspice

by
sleepyspice
昨年春から京都在住。

.

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。