スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘蔵・・・シェットランドウールのセーター 

これこれ、秘蔵のセーターです。
このセーターは編みあがってからは、たぶん5年は経過してます。

昔、東京恵比寿の三越にローワンのショップがあったんです。
ローワンの毛糸はお高くて、なかなか手が出せなかったのですが、主人のセーターを編むからと言って、
買ってもらった、シェットランド毛糸。
この毛糸を買ってからは8年くらいかな~?
緑青のくすんだ毛糸の中に、赤茶や、クールな水色が入ってとてもきれいな個性的な色です。

ゲージをとって、主人のサイズを採寸して、店にいた先生に製図を書いてもらったのです。
丸首のシンプルなクルーネックのセーター。

しかし、編みあがったものの、質感が嫌だと言って、全然着てくれない。
残念だけれど、無理強いはできないしね。
仕方がないから、クリーニングに出してタンスに眠らせてました。

131028.jpg

あー、でも、一昨日の夜、ふと思い出したのです。
そろそろ夜になると、寒くなってきたのでこのセーターを思い出したのですねぇ。

「そうだ、お湯通しを忘れてたんだ!!!!」

忘れてた!というかこのセーターを編み上げたときは知らなかった。
最後の仕上げの軽めのフェルト化です。
純石鹸を使って、お湯で撫でるように洗います。

ドライクリーニングの仕上げ剤がついてるかもしれないので、
結構、純石鹸を泡立ててゴシゴシやっちゃいました!

131028a.jpg

できたー。
やっぱり、柔らかくなった。
ボコボコの編地が平たくなった。
けれどもとても軽くて優しい。
良かったです。

あまりに興奮して洗い始めたので、before画像がないのです。
夜だったしね。
変わり方をお見せしたかったですが後の祭りですね。

お蔵入りセーターの復活です。
これなら相方も着てくれるに違いない。
沢山着てくれたら嬉しいです。

着てくれなかったら。。。。。
サイズが大きいので、私、この冬中、部屋着で着ようと思います
それもいいねぇ。

シェットランド糸で編んだセーターを持ってる方は、忘れずに仕上げのフェルト化してくださいね。
売ってあるものでも、フェルト化されてないものが沢山あるらしいです。
目安としては、ボコボコ編地だったらされてませんよ。

追記
調べましたら、ローワン フェルテッドツィードでした。
ただ、素材はメリノウール50%、アルパカ25%、レーヨン25%で
完全なシェットランド糸ではありませんでした。
すみません。でも仕上がりは上々です。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://sleepyspice.blog123.fc2.com/tb.php/319-21a7c501

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

:

sleepyspice

by
sleepyspice
昨年春から京都在住。

.

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。